カートをみる マイページへログイン ご利用案内 香遊オンラインお問い合せ お客様の声 香遊オンラインサイトマップ
RSS
法事・ご法要・ 仏画・仏事用の掛け軸専門店 香遊オンラインへようこそ! 仏事用の掛け軸専門に約250点の品揃え!

【送料無料】掛け軸 六字名号 南無阿弥陀仏 清水寺貫主 森清範(肉筆) 【掛け軸の専門店 香遊オンライン】



  
掛け軸 六字名号 森清範 拡大写真(左)
掛け軸 六字名号 森清範 拡大写真(右)

  

※床に掛けた時のイメージ
※この写真は、光の加減により実物の掛け軸の表装と若干色合いが異なって見えます。実際の掛け軸の色合いは、一番上の正面からの写真をご参照ください。


■画 題■ 「掛け軸 六字名号」・清水寺貫主  森清範

■寸 法■ (約)幅 64.5cm× 長さ 190cm ・尺五立

■表 装■ 正絹合金佛本表装

■軸 先■ 透かし金軸

■仕 様■ 太巻 二重箱入り

■略 歴■森清範(もりせいはん)

清水寺貫主

昭和15年 京都市に生まれる。

昭和37年 清水寺貫主 大西良慶和上に得度入寺。

昭和38年 花園大学卒業、清水寺塔頭真福寺住職。

昭和45年 清水寺法務部長。

昭和63年 北法相宗管長、清水寺貫主就任。



■代 金■¥518,400(定価) ⇒ オンライン特別価格 25%OFF¥388,800(税込)

こちらの掛け軸は肉筆でございます。

送料無料、代引手数料無料でお届けいたします。



■ お客様の声

おすすめ度星1つ星1つ星1つ星1つ星1つ YM様 2009-08-01
先日は連絡も差し上げずに突然お邪魔をしてしまい、申し訳なく思っております。

生憎の曇天でしたが、ご主人と奥様の心よりのお持てなしにより、すばらしい奥美濃方面の

ドライブを満喫することが出来ました。

また念願だった、森清範先生の掛け軸を入手することが出来、本当に感謝をしています。


有難う御座いました。

本日、約束通り桐制の二重箱を受け取りました。

色々とご無理を申したにも関わらず、快く親切に対応して頂き、本当に頭の下がる思いです。

本当に有難う御座いました。 重ねて御礼を申し上げます。

今から、「夢」 の掛け軸を楽しみにしております。よろしくお願いを申し上げます。


末筆ですが貴店の益々のご繁栄を祈念しております。
お店からのコメント
2009-08-01
YM様

清水寺貫主 森清範先生の六字名号をお買上げいただき、またすばらしいコメントをお寄せくださいましたこと、心より感謝申し上げます。
遠いところわざわざ奥美濃まで足をお運びいただいて恐縮いたしております。
そして、森清範先生の「夢」の掛け軸をご注文くださり、重ねてお礼申し上げます。
森清範先生に書いていただいてから表装いたしますので、少々時間を要することになります。お待たせすることに...>>続きをみるなり大変申し訳ありませんが、どうぞよろしくお願い申し上げます。
YM様のご多幸と今後の益々のご繁栄をお祈り申し上げます。

                             香遊オンライン 店長 周戸
>>閉じる

【送料無料】掛け軸 六字名号 南無阿弥陀仏 清水寺貫主 森清範(肉筆) 【掛け軸の専門店 香遊オンライン】

定価:
518,400円(税込)
価格:

388,800円 (税込)   <25%OFF>

[ポイント還元 3,888ポイント〜]
購入数:
返品期限・条件 返品について確認する
お客様の声へのリンク 星1つ星1つ星1つ星1つ星1つ 5.0 (1件)
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

六字名号、南無阿弥陀仏の掛け軸は、浄土真宗・浄土宗の宗派のご家庭にぜひ一幅お勧めしたい掛け軸です。

お葬式、法要、お盆の時期には欠かせない掛け軸です。

特にお葬式、法要の際には欠かせない掛け軸といえるでしょう。

この掛け軸は、清水寺の貫主 森清範先生の書かれた掛け軸でございます。

品格、書体ともに超一級品の掛け軸でございます。

この掛け軸はおすすめの一幅でございます。


南無阿弥陀仏とはどんな意味?


南無とは帰依する、おまかせするという意味です。

南無阿弥陀仏とは、阿弥陀という仏に帰依する、おまかせするという意味です。

阿弥陀仏の阿弥陀とは、アミターバの音写で「永遠の命をもつ」という意味です。

南無阿弥陀仏には、永遠の命をもつ仏さまに帰依する、おまかせするという意味があります。

南無阿弥陀仏と称えることには阿弥陀さまからの呼びかけが含まれています。

ちょっと難しいですが、称名念仏(しょうみょうねんぶつ)といい「なむあみだぶつ」と称えることによって極楽へ往生できるとされています。

「なむあみだぶつ」と称える者を極楽へ必ず迎えいれるという誓い、これを念仏往生(ねんぶつおうじょう)の誓願(せいがん)といいますが、阿弥陀さまを信じ、念仏を称える者を極楽に往生させなかったら「私は仏にはならない」という誓いを阿弥陀さまはおたてになったのです。

とってもありがたいお話ですね。