カートをみる マイページへログイン ご利用案内 香遊オンラインお問い合せ お客様の声 香遊オンラインサイトマップ
RSS
掛け軸の専門店 香遊オンラインへようこそ! 店長が厳選した掛け軸 約450点の品揃え!

茶掛 開門多落葉◆大徳寺 塔頭 大慈院 戸田実山(肉筆・中古)


茶掛 開門多落葉 戸田実山  茶掛 開門多落葉 戸田実山  茶掛 開門多落葉 戸田実山

茶掛 開門多落葉 戸田実山  茶掛 開門多落葉 戸田実山  茶掛 開門多落葉 戸田実山

茶掛 開門多落葉 戸田実山  茶掛 開門多落葉 戸田実山  茶掛 開門多落葉 戸田実山

茶掛 開門多落葉 戸田実山  茶掛 開門多落葉 戸田実山

茶掛 開門多落葉 戸田実山  茶掛 開門多落葉 戸田実山

※画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。

※茶室の床に掛けた時のイメージ

■画 題■ 「茶掛 開門多落葉◆大徳寺 塔頭 大慈院 戸田実山」 

■寸 法■ 表具(約)幅 36cm× 丈 189cm・半切立(茶掛)  

■略 歴■戸田実山(とだ じつざん)

昭和16年 福岡県生まれ。

昭和58年 紫野大徳寺 塔頭 大慈院 住職に就任。

駒澤大学 禅学科卒業。

大徳僧堂 崇福僧堂 天龍僧堂にて修行。

■代 金■¥9,750(税込)

こちらの茶掛は中古でございます。

本紙に少々シミがあります。

こちらの茶掛 開門多落葉(もんをひらけばらくようおおし) は、臨済宗大徳寺派 大本山 大徳寺 塔頭(たっちゅう)大慈院 戸田実山老師の直筆の書でございます。

軸先:木製 黒塗。  紙本:墨書。   

付属品:合箱、タトウ箱付。

送料無料、代引手数料無料でお届けいたします。

※茶掛には風鎮を吊るしませんので、風鎮はついておりません。ご了承ください。
尚、防虫香はお入れいたします。


茶掛 開門多落葉◆大徳寺 塔頭 大慈院 戸田実山(肉筆・中古)

価格:

9,750円 (税込)

[ポイント還元 97ポイント~]
購入数:
返品期限・条件 返品について確認する
お客様の声へのリンク レビューはありません
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる


~開門多落葉(門を開けば落葉多し)とはどんな意味?~


聴雨寒更盡 (雨を聴いて寒更(かんこう)尽き)

開門多落葉 (門を開けば落葉多し)

という五言対句の第二句です。

この句は、唐代の詩僧・無可上人(むかしょうにん)…詩人として名高い范陽(はんよう)の賈島(ことう)の従弟で、天仙寺に住した僧…の作になるものとして、古来有名な句です。

「寒更」とは「寒い夜更け、夜更けの寒さ」という熟語です。

 昨夜は屋根を打つ雨の音を聴き、寒さにふるえながら煎餅布団にくるまって、わびしい思いで、いつか寝入ってし
 まったが、今朝門を開いてみると、あたり一面の落ち葉である。
 さては、夜もすがら雨の音だと思って聴いていたのは、雨の音ではなくて、落ち葉の音であったか。
 冬ももう近いなあ。

というのが、この句の大意です。

秋が逝き、冬のせまる頃の山居の寂寥(せきりょう)感と草庵にひとり閑居する隠者のたたずまいとを見事に表現した句です。

禅者がこの句を愛誦し、これをよく揮毫するのは、単にこの句が詩としてすぐれているからだけでなく「諸行無常」の宗旨を深くこめているからなのです。

※参考文献 芳賀幸四郎「新版一行物」

★関連商品★

茶掛 福◆中村芳玄(肉筆・新品) 創作表装

定価: 69,300円(税込)
51,970円(税込)

陶板 和顔愛語◆妙心寺派管長 山田無文(中古)

希望小売価格: 15,550円(税込)
9,850円(税込)
在庫  1  個

掛け軸 法隆寺金堂 聖観音像(西陣手織唐錦・中古)

希望小売価格: 73,570円(税込)
49,500円(税込)
在庫  1  本

ページトップへ