カートをみる マイページへログイン ご利用案内 香遊オンラインお問い合せ お客様の声 香遊オンラインサイトマップ
RSS
掛け軸の専門店 香遊オンラインへようこそ! 店長が厳選した掛け軸 約350点の品揃え!

夏の草花。

季節とともに、当店の庭の草花も移ろいでゆきます。

夏椿(別名、沙羅双樹の花)も短い花期を

精一杯に咲いています。

一句  ウィズコロナ この世は無常 夏椿  てんちょう

夏椿

≪夏椿≫

桔梗

≪桔梗≫

ギボウシ

≪ギボウシ≫

ネジリバナ

≪ねじり花≫

カラー

≪カラー≫

当店の周りでは、ホトトギスが鳴き、鶯が老いを鳴いています。

一句 暮れゆくや 愛犬と聴く ほととぎす  てんちょう

一句 老鶯や 暮れゆくひとときの 坐禅  てんちょう

「幽鳥弄真如(ゆうちょうしんにょをろうす)」

という禅語があります。

「真如」とは、宇宙の一切の存在をあらしめている

根源的な実体・一切の現象を貫いている

根本的な理法を意味するそうです。

つまり、花にさえずる鳥の声は、

宇宙万物を貫いている根本の真理を

説いているということです。

禅者は、ほとけの説法でないものはないと

受け止め、そこに真理・真実を見据えるのですね。

鳥のさえずりを、如来の説法と受けとめる。

鳥のさえずりは、鳥のさえずりです。

それを説法と感得できるのは、

聴く人の心の深さにあるのです。

そのような絶妙の働きを持つ点に、

人間の尊厳性があるように思います。

※参考文献:禅語百科・禅語の茶掛 一行物(芳賀幸四郎)

松原泰道全集2 禅のこころ

ページトップへ