カートをみる マイページへログイン ご利用案内 香遊オンラインお問い合せ お客様の声 香遊オンラインサイトマップ
RSS
法事・ご法要・ 仏画・仏事用の掛け軸専門店 香遊オンラインへようこそ! 仏事用の掛け軸専門に約300点の品揃え!

【送料無料】掛け軸 六字名号 南無阿弥陀仏◆妙心寺管長 東海大光(肉筆)【掛け軸の専門店 香遊オンライン】



  
掛け軸 六字名号 東海大光 拡大写真(左)
掛け軸 六字名号 東海大光 拡大写真(右)



■画 題■ 「掛け軸 六字名号」・妙心寺管長 東海大光 雪香室

■寸 法■ (約)幅 63.5cm× 長さ 190cm ・尺五立

■表 装■ 本金佛表装


■品質保証■ 純金 この掛け軸の表装の純金箔は純度99.99%の地金を使用している事を保証いたします。

■仕 様■ 太巻 高級仕様

■略 歴■東海大光(とうかいだいこう)

臨済宗妙心寺派梅林寺専門道場師家

平成18年4月1日 第32代妙心寺管長に就任。

平成18年6月10日 普山式にて大本山妙心寺住職就任披露。


「東海大光管長インタビュー」650年遠諱を迎えて



東海管長は、佐賀県のお生まれです。

13歳の時に出家し、福岡県の久留米にある梅林寺で修業されました。

そのあと師家となり、30年にわたって百人もの雲水(修業僧)を指導されてきました。

平成14年には弟子にあとをゆずって悠々自適の生活を楽しんでいたそうです。

そんな時妙心寺の管長になってもらいたいという依頼が舞い込みました。

「このような大役を仰せつかり、自分が務まるものではないと最初はお断りしていました。ましてやこの時期、開山さまの650年遠諱を迎えるという大変な任務を背負うことになるのですから…」

しかし遠諱を迎えることが逆に東海管長をふみとどまらせました。

実は今から100年前の550年遠諱のときも梅林寺の和尚さんが妙心寺の管長を務めておられたのです。

「これもめぐり合わせかと思いまして…ついにお引き受けいたしました。」

こうして一大決心し東海管長は平成18年4月に就任されました。

生活がガラリと変わって大忙しの毎日に初めは戸惑ったそうですが、今となっては開山さまのために「なんでもやります」と宣言。

「とは言いつつ、もう79歳ですので体がもつかどうか…」と心配するお言葉も。

しかし趣味の山歩きで鍛えた足腰できびきび行動される姿は若者も見習わないといけないほどです。

そして、包み込むようなやわらかい語り口。

自分には厳しく他人にはやさしく接してくださる東海管長。

こんな方のもとで遠諱が迎えられることを、とても幸せに思いました。


■代 金■¥550,800(定価) ⇒ オンライン特別価格 30%OFF¥385,500(税込)

こちらの掛け軸は肉筆でございます。

送料無料、代引手数料無料でお届けいたします。

【送料無料】掛け軸 六字名号 南無阿弥陀仏◆妙心寺管長 東海大光(肉筆)【掛け軸の専門店 香遊オンライン】

定価:
550,800円(税込)
価格:

385,500円 (税込)   <30%OFF>

[ポイント還元 3,855ポイント〜]
購入数:
返品期限・条件 返品について確認する
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

六字名号、南無阿弥陀仏の掛け軸は、浄土真宗・浄土宗の宗派のご家庭にぜひ一幅お勧めしたい掛け軸です。

お葬式、法要、お盆の時期には欠かせない掛け軸です。

特にお葬式、法要の際には欠かせない掛け軸といえるでしょう。

この掛け軸は、妙心寺管長 東海大光先生の書かれた掛け軸でございます。

品格、書体ともに超一級品の掛け軸でございます。

この掛け軸はおすすめの一幅でございます。


南無阿弥陀仏とはどんな意味?


南無とは帰依する、おまかせするという意味です。

南無阿弥陀仏とは、阿弥陀という仏に帰依する、おまかせするという意味です。

阿弥陀仏の阿弥陀とは、アミターバの音写で「永遠の命をもつ」という意味です。

南無阿弥陀仏には、永遠の命をもつ仏さまに帰依する、おまかせするという意味があります。

南無阿弥陀仏と称えることには阿弥陀さまからの呼びかけが含まれています。

ちょっと難しいですが、称名念仏(しょうみょうねんぶつ)といい「なむあみだぶつ」と称えることによって極楽へ往生できるとされています。

「なむあみだぶつ」と称える者を極楽へ必ず迎えいれるという誓い、これを念仏往生(ねんぶつおうじょう)の誓願(せいがん)といいますが、阿弥陀さまを信じ、念仏を称える者を極楽に往生させなかったら「私は仏にはならない」という誓いを阿弥陀さまはおたてになったのです。

とってもありがたいお話ですね。

<店長のまめ知識>
阿弥陀如来の四十八願の解説はここをクリック!

ページトップへ