カートをみる マイページへログイン ご利用案内 香遊オンラインお問い合せ お客様の声 香遊オンラインサイトマップ
RSS
掛け軸の専門店 香遊オンラインへようこそ! 店長が厳選した掛け軸 約450点の品揃え!

【送料無料】茶掛 葉々起清風◆大徳寺 塔頭黄梅院 住職 小林太玄(肉筆・中古)【掛け軸の専門店 香遊オンライン】


茶掛 葉々起清風 小林太玄  茶掛 葉々起清風 小林太玄  茶掛 葉々起清風 小林太玄

茶掛 葉々起清風 小林太玄  茶掛 葉々起清風 小林太玄  茶掛 葉々起清風 小林太玄  茶掛 葉々起清風 小林太玄

茶掛 葉々起清風 小林太玄  茶掛 葉々起清風 小林太玄  茶掛 葉々起清風 小林太玄

茶掛 葉々起清風 小林太玄  茶掛 葉々起清風 小林太玄  茶掛 葉々起清風 小林太玄

※画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。

桐箱 葉々起清風 小林太玄  桐箱 葉々起清風 小林太玄  桐箱 葉々起清風 小林太玄

※茶室の床に掛けた時のイメージ

■画 題■ 「茶掛 葉々起清風◆大徳寺 塔頭黄梅院 住職 小林太玄」 

■寸 法■ 表具(約)幅 35.8cm× 丈 170cm・半切立(茶掛)  

■略 歴■小林太玄(こばやしたいげん)

大徳寺 塔頭黄梅院 住職

昭和13年 奉天にて生まれる。

昭和36年 花園大学卒業

昭和56年 大徳寺の塔頭(たっちゅう)黄梅院住職に就任現在に至る。

平成 3年 花園大学社会福祉科学士卒業

相国僧堂に掛塔、大津櫪堂に参禅。

同院には、武野紹鴎好みの茶席昨夢軒、前庭は、千利休の直中庭がある。

■代 金■¥39,550(税込)

こちらの茶掛は中古ですが未使用・新品(展示品)でございます。

本紙、表装ともに大変よい状態です。

こちらの茶掛 葉々起清風(葉々、清風を起こす) は、臨済宗大徳寺派 大本山 大
徳寺 塔頭(たっちゅう)黄梅院 住職 小林太玄老師の直筆の書でございます。

軸先:木製 黒塗。  紙本:墨書。  箱書、花押があります。 

付属品:共箱、タトウ箱付。

送料無料、代引手数料無料でお届けいたします。

※茶掛には風鎮を吊るしませんので、風鎮はついておりません。ご了承ください。
尚、防虫香はお入れいたします。


【送料無料】茶掛 葉々起清風◆大徳寺 塔頭黄梅院 住職 小林太玄(肉筆・中古)【掛け軸の専門店 香遊オンライン】

価格:

39,550円 (税込)

[ポイント還元 395ポイント~]
購入数:
返品期限・条件 返品について確認する


~葉々起清風(葉々、清風を起こす)とはどんな意味?~


虚堂智愚(きどうちぐ)の「虚堂録」七に見える。

現代語訳すると、「竹の葉がさらさらと鳴り、清らかな風を生み送ってくれる」という意味です。

「葉々起清風」の茶掛がよく使われる時期は、5月~7月くらいの夏向いた時期になります。

「葉々起清風」の原典は、虚堂智愚禅師の「虚堂録」です。

虚堂禅師が住んでいる所に三人の客が訪れていました。

かつて弟子や仲間だった友人です。

その三人が遥か遠い遺跡を目指して旅立つことになりました。

当時のこと、遠くへの旅は安全の保証はないでしょうし、年齢的にも若くはなく、また会えるとも限りません。

その最後の別れの挨拶をすませた後、虚堂禅師は三人を門のところまで見送りに出ました。

その時、

竹の葉が清らかな風にサラサラと鳴るのを聞き、言いました。

「為君葉々起清風」

「あなたたちのために竹の葉が清らかな風を起こしている」

竹までもあなたたちとの別れを惜しんでいるかのよう…別れの寂しさ、旅の安全を願う気持ち。

送る者、送られる者の様々な感情が感じられる言葉です。

竹の葉が風に吹かれサラサラと鳴っているのを、旅立つあなたのために竹が清風を起こしているのだとは、なんとも清らかで美しいではありませんか。

以上の様に「葉々起清風」は、別れの清らかなこと、さらには人との交流の清らかさなどの意味を含む含蓄の深い五字一行です。

~品質保証~

当店の目標は、「買ってよかった」と満足していただくことです。

実物をご覧いただいてない分、ご購入後に掛け軸をご覧いただいて、その品質にご満足いただけるよう心がけております。

当店では、万一掛け軸がお気に召さない場合は、7日間以内であれば返品をお受けいたしますので、安心してご購入いただけます。

★関連商品★

ページトップへ